『真田丸』躍動する脇役たちのエピソード

目下の話題の主は脇役も脇役

NHK大河ドラマ『真田丸』は、ますます絶好調の模様。

三谷幸喜の絶妙なシナリオに加え、彼が知り尽くした俳優たちの心憎いキャスティングが光ります。

『相棒』の伊丹刑事(川原和久)や『古畑任三郎』の向島巡査(小林隆)を引き合いに出すまでもなく、脇役にスポットが当たるのは、ドラマが成功だという証

本作でも、主人公真田信繁の実兄信之役の大泉洋、石田三成役の山本耕史、大谷吉継役の片岡愛之助といった人達の演技がさまざまに取り上げられています。

目下の話題の主は、脇役も脇役である真田信之の側室おこう(清音院)です。

この女性は、もともと信之の正室だったのに、徳川家康との政略結婚で小松姫(稲・吉田羊)を娶るために離縁され、側室へと降格となった悲劇の人物。おこう役をつとめる「小劇場の女王」長野里美は、この哀れなおこうさんをユーモラスに、可愛く、魅力的に表現して、視聴者の笑いを誘いつつドラマに引き付けているのです。

特集 インタビュー こう役 長野里美さん ~役割を与えられると…燃える?~|NHK大河ドラマ『真田丸』

お決まりのイメージとは違った魅力

しかしながら、私がもっとも新鮮に感じている脇役は、内野聖陽演じる徳川家康です。

家康といえば、表面は実直そうだが内面は煮ても焼いても食えない、というのがお決まりのイメージですが、内野が表現する「我が儘で小心でせっかちだが思慮深く、ドライな合理主義者である反面人の痛みもわかる」という多面的でリアルな人物像は、主人公真田信繁の生涯の仇敵という重要な役どころにふさわしいと思います。

家康といえば、私には大好きなエピソードがあるのです。

大阪冬の陣最大の激戦といわれる鴫野・今福の戦いのときのこと、上杉勢は激闘の末兵力に優る豊臣勢を敗走させ、鴫野村一帯を占領しました。

上杉勢の損害と疲労を憂慮した家康は、使者をやって、「守備は他の隊に任せて後退・休息するように」と命じさせました。

ところが、使者が行くと、上杉陣はシーンと静まり返っています。

丘の中央では采配代わりの青竹を一本持った景勝が大阪城を睨んでおり、将兵ことごとく景勝に注目したまま動かず、物音も立てません。

応対した侍も「命に代えて得た地をどうして譲れようか」と独り言のように言ったのみで、取り次ごうともしないのです。

まったく無視された格好の使者は憤慨して自陣に戻り、一部始終を家康に言いつけました。

「お前はよい目学問をしたなぁ」

短気な家康、烈火のごとく怒るかと思いきや、さにあらず。

感動したように「はあ」と溜息をつくと、「それは不識庵(謙信)どの以来の上杉の軍法であろう。お前はよい目学問をしたなぁ。」とだけ言い、もう陣替えのことは口にしなかったそうです。

上杉の軍法とはどういうことか。将兵が景勝を注視したままでいる理由は、青竹が振り下ろされれば総攻撃だから。静かにしている理由は、指示命令を聞き誤らないため。家康は、軍令に厳しかった謙信以来の統制がいまの上杉家に引き継がれていることに感嘆したのでしょう。

数々のエピソードに彩られた家康の生涯で、なぜこのエピソードが気に入ったか。

気短で癇癪持ちだけど、感情に振り回されて判断を誤ることのない衝動抑止力の持ち主、といった横顔が感じ取れるからかもしれません(上杉に対するリスペクトも、使者に対する思いやりも感じられます)。

なお、このエピソードには、「家康は景勝の戦意を試すためにわざと陣替えを命じたのだ(本気で豊臣方と戦う気がなければここで退くであろう)」という解釈もあることを付け加えておきます。

 

真田丸タイトル