不同沈下とその修正

地盤が不均一なために建築物などが不均等に傾いて沈みこむことを不同沈下といいます(「不等沈下」ということもあります)。

不同沈下が進むと、基礎・壁・梁などに歪みや亀裂を生じ、ドアやサッシの開閉不良ばかりか、床の不陸(平らでない、傾いた状態をいいます)ひいては健康被害をも招くことがあります(日本建築学会「建物の傾きによる健康障害について」参照)。

不同沈下の原因は、地耐力不足、すなわち建物の重みを十分に支えることができない地盤の軟弱さにあります。

とりわけ、下図のように、もともとの自然地盤と盛土にまたがって建物が建てられているようなケースでは、もし盛土部分に転圧不足(締め固めが足りないこと)や盛土材の不良があると、建物に傾きが生じやすくなります。

建物をジャッキアップの上、沈下修正工事(不陸矯正工事)を行い、建物を修復することは技術的に可能なケースが少なくないと思われますが、完全復旧は望めませんし、土地や建物の状況に応じて工法は異なり、これに要する費用も大きく変動します。

それゆえ、沈下修正工事がいくらくらいかかるか、を一般論として語ることは、専門家であっても難しいと思われます。
不同沈下の典型例