野村監督が語る「無視と賞賛と非難」