会社案内

当社は、不動産鑑定士・中小企業診断士としての知見を双方向で活用し合うとともに、これらを融合した企業さまの支援に取り組んでいます。有難いことに、お客様からは「事業用不動産に強い不動産鑑定事務所」「支援の道すじの明快な経営コンサルタント」「経営者の思いをカタチにできる経営コンサルタント」とのご評価をいただいています。

point
point2

 

<実績>

1.賃料減額をめぐる争いにおいて大幅な減額請求の正当性を基礎づける鑑定評価を行い、約26%の減額での和解に導いた。
2.営業担当者の活動予定/活動結果を全体会議や週次ミーティングを通じてチェックし、本人の気づきと上司のタイムリーな指導を引き出すことを通じ、未達が続いていた受注計画の達成に寄与した。
3.企業の再生計画に係る支援チームの一員として事業デューデリジェンス並びに不動産鑑定評価を担当し、経営政策と不動産の市場価値の両面から保有不動産を事業継続に必要な不動産と処分すべき不動産に適切に切り分け、債権者の計画同意に導いた。
4.保有不動産の簿価と適正な時価との差額を勘案し、タックスメリットのある企業グループ再編を実現した。
5.経営計画策定過程で、従業員の問題意識や顧客の動向に関する知見を吸い上げ、幹部職員を中心に積極的かつ現実的なアクションプランを立案することで、従業員の参画意識を引き出し、計画推進に貢献した。

 
 

こんなことでなやんでいませんか?

1.不動産に関するお悩み

現行賃料(地代・家賃)の水準は妥当なのだろうか?
賃料交渉をどう進めたらよいだろうか?
立退き料の請求はいくらくらいが適正だろうか?
鑑定評価額の異なる複数の鑑定評価書のいずれの説得力が優るだろうか?
保有する複数の店舗のうち、賃料交渉を進めるべきはどの店だろうか?

2.経営に関するお悩み

頼りない後継者を一本立ちさせるには?
経営計画を作ったが、なかなか実行できない。実行できる組織に生まれ変わるには?
業績が低迷し、手詰まり感から社内に沈滞ムードが蔓延。業績回復を着実に進めるには?
資金不足で業績回復のための打ち手が限られている。どうしたらよいか?

会社概要

沿革平成22年3月19日設立
平成22年3月31日不動産鑑定業者登録
〔大分県知事登録第46号〕
平成25年6月5日経営革新等支援機関認定
代表者代表社員 長野研一
従業員3名
主たる営業内容不動産鑑定業、経営コンサルタント業
営業所主な事務所 大分市府内町1-5-1 コスモⅡ 4階 404
TEL 097-547-9663
FAX 097-547-9668
専任の不動産鑑定士1名(長野研一)

地図