『女性のための創業セミナー』開催のおしらせ

大分商工会議所は、平成31年2月2日(土) 、2月9日(土)、2月16日(土)にわたり、全3回(10:00~15:00)の『女性のための創業セミナー』を開催します。

メイン講師は、弊社代表社員の長野研一がつとめます。

また特別講師として、中小企業診断士の高橋陽子氏をお招きします(1日目午後のワーク「気づき力を磨いてビジネス脳を養う」をご担当いただきます)。

開催概要・お申し込みはこちら

セミナーで私たちが目指したこと

創業セミナーは、創業の心構えからはじまり、経営・財務・販路開拓・人材育成など創業のための基礎知識について学び、ビジネスプラン発表会でおわるのがお決まりのパターンになっています。

でも、今回私たちが目指したのは、「他所の創業セミナーでは学べないことを学ぶ機会にする」こと。参加した方々がいちばん興味を持っていることについてまずお伝えします。その日から役に立つ『ジャパネットたかた』方式です。

このセミナーでやらない4つのこと

『中小企業は「やらないこと」を決めることが最も大事』とよく言われます。中小企業は経営資源(人材やお金や知名度など)が乏しいので、「やったほうがよさそうなこと」すべてに取り組むことはできません。限られた資源を大事なところに集中して使うことが大切だということです。

たった3日間(12時間)という限られた時間しかない『女性のための創業セミナー』にも同じことが言えます。だから、講座カリキュラムやハイライトをご紹介する前に、「このセミナーでやらないこと」を明らかにしておきます。

1 網羅的な講義はしません

経理とは、労務とは、マーケティングとは…というような網羅的な講義はしません。 そのかわり、参加者の皆さんのいちばん知りたい「成功の秘訣」だけをお伝えします。

講座初日に、参加者の皆さんから聞いてみたいことを募って、内容に反映したいとも考えています。各自が知りたいことは、ほかの参加者にとっても興味深いことである可能性は非常に高いと思いますから。

2 ビジネスプランは作りません

経営計画書は作りません。なので、大団円で終わる経営計画発表会もしません。

自分の考えを紙に書いて可視化するのは、物事を検討するたいへん良い方法です。しかし、経営計画書のフォーマットは、まとまりきらない考えをカタチにするのに適しているとはいえません。わからないことをわからないままにし、数字は適当に鉛筆をなめ、自分のやりたいことや夢を綴った自称経営計画書に意味はないと思います。

そのかわり、「世の中は何を求めているか」を掘り下げ、「そこに自分が提供できるものは何か」を考えていきます。「自分のやりたいこと」を起点に考え始めてしまうと、世の中が見えにくくなってしまうので、まず世の中に目を向けようというわけです。お菓子でもつまみながら、リラックスして進めていきましょう。

3 長々とグループワークをしません

ペアワークやグループワークは、他の参加者の考えを知り、自分の問題意識を深めるために大変貴重なものです。

しかしそれは、あくまでも個人ワークを実りあるものにする手段に過ぎません。当セミナーでも、ペアワークやグループワークをふんだんに取り入れていますが、いずれも短時間(数分間)の意見交換にとどまります。当然、グループ発表などはしません。グループワークに長時間を割くのは、限られた時間の使い方として適切ではないと思うからです。

4 いきなり発言を求めたり、答えさせたりしません

カリキュラムの区切りごとに「理解度クイズ」をご用意しています。しかし、回答はレジュメに記入していただくにとどめ、自己採点いただくことにします。

以上、「このセミナーでやらない4つのこと」についてご紹介しました。当セミナーのねらいやゴール、プログラムの詳細については、後日あらためてご紹介します。

お申込み・お問い合わせをお待ちしております。